ハリウッドセレブも愛用する全米で最も有名なラグジュアリーネイルブランド『deborah lippmann』(デボラリップマン)ブランドサイト

card_giftcard送料無料8,800円(税込)以上のお買上で送料無料

ウエディング(ブライダル)ネイルとは、花嫁が結婚式のためにするネイルのことです。
折角のハレの日、結婚式だからこそウエディングドレスやヘアメイクだけでなく、手元のネイルにもこだわりたいですよね。

なぜかというと、リングの交換やケーキカットなど、結婚式では指先のアップで写真を撮られることも多いです。そうなれば、普段とは違う特別なネイルで指先を綺麗にしておきたいのが女心。手元の印象は、ドレスやアクセサリー、髪型などによってもかなり変わってくるはずです。

普段はネイルをあまりされない方も、結婚式は自分が主役のセレモニー。ぜひウエディング(ブライダル)ネイルを施すことをおすすめします。

1.ネイルの種類

ネイルには大きく分けて4つの種類があります。
それぞれメリット・デメリットがありますので、それらを確認してご自分に一番合うウエディング(ブライダル)ネイルを選ぶのが良いでしょう。

①ジェルネイル
爪にゲル状の樹脂をのせてUVライトで硬化させるネイルで、ネイルサロンで施術・オフしてもらうのが一般的です。
長期間もちますが、爪の生え際との間に隙間ができてくるため、結婚式の日程に合わせて施術してもらうことをおすすめします。

②マニキュア(ネイルポリッシュ)
爪に塗料を(ネイルカラー)を施します。リムーバーで簡単にオフできるので、イベントのときだけ派手なデザインを試すなど、扱いやすいネイルです。
ネイルサロンでも施術・オフしてもらえますが、個人でも可能です。
結婚式の数日前を目安に塗布すると良いでしょう。
ジェルラボプロシリーズのように、速乾性・耐久性のあるジェルのような質感のネイルなら、爪を痛めることなく塗布できるのでおすすめです。

③ネイルチップ
爪型の透明なチップにジェルネイルやマニキュア(ネイルポリッシュ)でネイルアートを施し、専用の両面テープや接着剤で爪につけます。
衣装などに引っ掛けると簡単に取れてしまうため、結婚式当日のヘアメイクのタイミングで付けるのが良いでしょう。

④スカルプチュア
スカルプチュアとは、ハードジェル・アクリルパウダー・アクリルキッドを混ぜたものを使って人工的に爪を作り、自爪を好みの長さ&形にする技術です。
基本的にはネイルサロンで施術・オフしてもらいます。
ジェルネイルと同様、爪が伸びるに従い根元に隙間ができるため、結婚式の日程に合わせて施術してもらいましょう。

2.ウエディング(ブライダル)おすすめネイルデザイン&カラー






純白のウエディングドレスには、透明感あふれるカラーがおすすめです。
ホワイトやピンクをベースにしたフレンチネイル、花柄ネイルやレース柄ネイルなどは、上品で可憐な指先を演出できます。

ウエディング(ブライダル)ネイルとして、左の薬指にポイントをおき、ビジューやパールなどでアートをアレンジして自然と目立たせるのはいかがでしょうか。
他の爪をワンカラーでシンプルにまとめることで、より一層エレガントに仕上がります。

また、最近ではナチュラルな指先を希望され、ベージュ系のカラーを選ばれる花嫁も多いようです。
シアーやシマーのグレージュやグレーなどをワンカラーで塗布すると、シンプルながら指先がほっそりと美しく見えますよね。必要以上に主張しないデザインに抑えることで、主役の花嫁とドレスを輝かせるひと工夫です。

花嫁の誠実な愛情と、未来の幸せを願うサムシングブルー。これをベースに、ドレスに合いそうなパールをアレンジするのも良いかもしれません。
特にティファニーブルーは純白のドレスを引き立たせ、指先を大人っぽく演出するのにぴったりなカラーです。

いかがでしたか?
そのほか、花嫁が結婚式で装うネイルは、式のテーマに合わせてデザインやカラーを考えるのもおすすめ。きっと素敵な指先に仕上がるはずです。
ちなみにカラードレスを着る予定がある場合は、ドレスに選んだ色をネイルカラーとして持ってくると、全体にまとまりが出ますよ。

3.ハンドケア&ネイルケア

施すネイルデザインと日取りが決まったら、ぜひハンドケアとネイルケアをしてください。
ウエディング(ブライダル)ネイルの成功の秘訣は、美しい手肌や爪回りにあります。

施術日が近づいたら、いつもよりこまめにハンドクリーム(RICH GIRL SPF25)を塗りましょう。水仕事や手を洗った後、手の消毒後など、手指は想像以上に乾燥しダメージを受けています。

【RICH GIRL-リッチガール 4,180円】

特に指先は、キューティクルオイル(CUTICLE OIL MINI)やキューティクルクリーム(THE CURE)を使って念入りにマッサージします。指先の血行をよくしながら、水分を封じ込めて栄養をより深くまで浸透させてください。
キューティクルオイル
【CUTICLE OIL MINI-キューティクルオイルミニ 1,760円】
ザキュアー
【THE CURE-ザ キュアー 3,300円】
また、バッファー&シャイナー(SMOOTH OPERATOR)で爪の表面を滑らかに整えておくと、ネイルの持ちが良くなります。
もちろん施術日まで何も塗らなくても、これだけで自然に輝く指先がつくれますよ。
スムースオペレーター
【SMOOTH OPERATOR-スムースオペレーター 1,320円】

4.招待客としてのネイル

ウエディング(ブライダル)ネイルには、花嫁だけではなく、招待客(ゲスト)としてのパーティネイルも含まれます。
ゲストネイルは、失礼のないよう上品で清潔感のあるネイルを選びましょう。ダークトーンのネイルやハレの日に相応しくないデザインのネイル、そして過度に派手なネイルは控えたほうが賢明です。

主役はあくまでも新郎新婦のため、ワンカラーやフレンチネイルやグラデーションネイルなど、極力シンプルなデザインが好まれるゲストネイル。
今回はひとつ、おすすめのネイルレシピをご紹介します。

①なにも付いていない自爪に、ベースコートHARD ROCKを1度塗りします。BABY LOVE GLPをベースカラーとして2度塗りします。爪の根元にAMAZING GRACE glpでフレンチネイルを1度塗りで施します。


NEVER GONNA GIVE YOU UP(TRUE COLORSより)をフレンチとの境目に丸く3つたらします。その上にAMAZING GRACE glpを小さくたらし、ドット棒または爪楊枝で模様にします。表面だけクルクルと混ぜると綺麗なお花柄になります。

SHE DRIVES ME CRAZYを使用して筆で葉っぱを描きます。


当日のドレスに合わせて色合いを変えてもよいでしょう。
ポイントはベースにヌードから―を使って上品に仕上げている点。こうすると、ワンポイントで花柄が入っていても、清楚で落ち着いた印象を与えることができます。
ご自身に合ったブライダルネイルを楽しんで、ぜひ特別な日をお迎えください。